オフィスLANネット

オフィスLAN配線工事のプロフェッショナル

  • 0120-82-2455
  • 営業時間 9:00 ~ 18:00( 土日祝定休)

お見積り・お問い合わせ

社内LANを10ギガビット化しませんか?

これからのLANは高速10ギガ!

現在、どのようなネットワークをお使いですか?

今や一般家庭でも普及している1ギガビット環境。
企業でも1ギガ環境は導入されているかと思いますが、
近年の動画データなどの増大により、ネットワークはすでに
慢性的な渋滞状態

1ギガ環境では渋滞状態!10ギガビットに変えると

ネットワークの渋滞解決方法の1つが10ギガビット環境!

中小規模オフィスでも遂に10ギガビット環境の時代に!

数年前はかなり高価だった10Gbps Ethernet(10GbE)が最近いっきに低価格化したからにゃ!

10Gigaスイッチ等の機器の低価格化により、
導入しやすい環境になってきています!

10ギガビット化すると旧型LANから10倍の速度に!

表

10GbE環境を作るにはLANケーブルをCAT6Aに変更する必要があります

CAT6Aケーブルと 他のケーブルの違い

  • 10ギガビット化
  • 現在、一般に
    普及している規格
  • 一昔前(2世代前)
    の規格
ケーブル CAT6A CAT6 CAT5e
通信速度 10Gbps 1Gbps 1Gbps
伝送帯域 600MHz 250MHz 100MHz
特徴 次世代10ギガビット
イーサネット「10G
BASE-T」に対応する
カテゴリー6対応
ケーブル
ギガビットLANの
規格に最適な
カテゴリー6対応
ケーブル
エンハンスド・
カテゴリー5対応の
スタンダードな
ケーブル

「CAT6Aケーブル」? 今までのケーブルと何が違うの?

通信速度が10倍になるだけではなく、大きな違いは伝送帯域!

伝送帯域が違うと どうなるの?

「伝送帯域」を道路に例えると下記のイメージ!

画像

帯域幅が大きいほど道路の車線が広く、車線が多ければ、よりスムーズに多くの車が通行可能になるにゃ!

10ギガビット イーサネット(有線LAN)環境の例

基本的には、全ての機器ネットワークを
10GbEに対応させる必要があります。
パソコンなどの端末は、10GbE対応の
カードに交換。

画像

ケーブルは全てCAT6Aを配線させる必要があります!

社内LANを10ギガビット化しませんか?

これからのLANは高速10ギガ!

現在、どのようなネットワークをお使いですか?

今や一般家庭でも普及している1ギガビット環境。
企業でも1ギガ環境は導入されているかと思いますが、
近年の動画データなどの増大により、ネットワークはすでに
「慢性的な渋滞状態」

1ギガ環境では渋滞状態!

10ギガビットに変えると

ネットワークの渋滞解決方法の1つが10ギガビット環境!

中小規模オフィスでも遂に10ギガビット環境の時代に!

数年前はかなり高価だった10Gbps Ethernet(10GbE)が最近いっきに低価格化したからにゃ!

10Gigaスイッチ等の機器の低価格化により、
導入しやすい環境になってきています!

10ギガビット化すると旧型LANから10倍の速度に!

図

10GbE環境を作るには、LANケーブルをCAT6Aに変更する必要があります

CAT6Aケーブルと 他のケーブルの違い

  • 10ギガビット化
  • 現在、一般に普及している規格
  • 一昔前(2世代前)の規格
ケーブル CAT6A CAT6 CAT5e
通信速度 10Gbps 1Gbps 1Gbps
伝送帯域 600MHz 250MHz 100MHz
特徴 次世代10ギガビットイーサネット
「10GBASE-T」に対応する
カテゴリー6対応ケーブル
ギガビットLANの規格に最適な
カテゴリー6対応ケーブル
エンハンスド・カテゴリー5対応の
スタンダードなケーブル

今までのケーブルと何が違うの?

通信速度が10倍になるだけではなく、大きな違いは伝送帯域!

伝送帯域が違うとどうなるの?

  • 「伝送帯域」を道路に例えると右記のイメージ!
  • 図

10ギガビット イーサネット(有線LAN)環境の例

基本的には、全ての機器ネットワークを10GbEに対応させる必要があります。
パソコンなどの端末は、10GbE対応のカードに交換。

図

ケーブルは全てCAT6Aを配線させる必要があります!

貴社のネット環境を快適にしませんか?

0120-82-2455